お知らせ

お知らせ

【メディア】2019年9月16日(月)『「ひきこもる」ということへの理解について』J:COM(デイリーニュース湘南)

2019年9月14日(土)に茅ヶ崎市保健所にて行われた精神保健福祉普及啓発講演会
『「ひきこもる」ということへの理解についてーひきこもった経験のある方との出会いからー』
の様子が、J:COM(地デジ11ch)デイリーニュース湘南(*)の中で紹介されるそうです。

*J:COM湘南局の放送のため、J:COMご加入の方でも地域によって番組内容が違います。
*地域情報アプリ「ど・ろーかる」で、他エリアの放送も過去一週間分の視聴がスマホから出来るそうです。
*番組内容、放送時間などが実際の放送内容と異なる場合があります。
*番組放送内容等についてのお問い合わせは、J:COMへお願いします。
19_01.jpg

≫ 続きを読む

お知らせ   2019/09/15  

【講師】9月・11月『つぼみの会学習会:ひきこもり当事者を抱える家族の生活設計を考える』

今年度も、「つぼみの会(ひきこもる家族を持つ親・きょうだいの会)」主催の『つぼみ学習会(全2回)』に
講師として明石紀久男と遊悠楽舎スタッフ(ひきこもっていた経験者)が参加させていただくことになりました。

詳細は下記となります。
お申込み、お問い合せは、下記の「つぼみの会事務局」までお願いします。
(電話での申し込みの際には、おかけ間違いのないようまた時間帯にご配慮ください。)
************************************

〜ひきこもり当事者を抱える家族の生活設計を考える〜

ひきこもりに関する問題は、到底家族だけでは抱えきれない問題です。
今回は地域の支援者にも参加を呼びかけ、
ひきこもり当事者を抱える家族の生活設計について、
80−50問題、70−40問題もみ見据えて、
当事者の将来への将来への糸口をともに考えていきます。

日時 第1回  9月4日(水)13:30〜16:00
      第2回 11月6日(水)13:30〜16:00


講師 明石紀久男氏(NPO法人遊悠楽舎代表/一般社団法人インクルージョンネットかながわ理事)
      田代美花氏 (NPO法人遊悠楽舎)

場所 藤沢市保健所 3階会議室(藤沢市鵠沼2131−1) 
    (JR・小田急・江ノ電 藤沢駅南口より徒歩約15分)

定員 各回20人 
 *つぼみの会会員 及び 県内のひきこもる家族を持つ親・きょうだいの方。
 *ひこもりに関心のある支援者の方。
 *各回8月10日より先着順で受付け、どちらか1回の参加も可。
 *会場の定員数に限りがあるため、親・きょうだいの方を優先。

参加費 各回 1人 200円
 
申込先  つぼみの会事務局
申込方法 メールまたは電話にてお申込みください。
 
主催 つぼみの会(ひきこもる家族を持つ親・きょうだいの会) 〜藤沢市で活動している家族会〜
共催 神奈川県立青少年センター「2019年度ひきこもり地域理解促進事業」
Microsoft W...
Microsoft W...

≫ 続きを読む

お知らせ   2019/07/05  

【メディア】『中高年の「ひきこもり」その実態は』テレビ神奈川

明石がテレビ神奈川からインタビューを受けました。
現在、ヤフーニュースにて配信されています。(公開は6月12日より一週間)

TVK テレビ神奈川 NewsLink『中高年の「ひきこもり」その実態とは』
KIMG1309.JPG
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190612-00010001-tvkv-l14


また、下記の週刊誌からも取材を受けコメントが掲載されています。

・AERA:2019年6月17日号23年
『ひきこもり…52歳男性はなぜ家を出られた? 「8050問題」を考える』

・週刊新潮:2019年6月13日号
『あなたの隣にいる「中年ひきこもり」の正体』

≫ 続きを読む

お知らせ   2019/06/12  

【掲載】生協パルシステムの情報メディア「KOKOCARA」

生協パルシステムの情報メディア「KOKOCARA」に、
「神奈川ゆめ社会福祉財団」理事として、明石のインタビュー記事が掲載されました。
(以降、掲載記事より一部抜粋)
familiar-po...
「神奈川ゆめ社会福祉財団」の理事長・吉中由紀さんと、理事・明石紀久男さん(写真=疋田千里)

学校に行く交通費や昼食代がない……。高校生の
奨学金制度を運用して実感した、身近で深い「子どもの貧困」


子どもの7人に1人が貧困状態(※1)にあるといわれる中、私たちに何ができるのか。
神奈川県にある生活協同組合が、地域に暮らす子どもたちにかかわりたいと、
高校生向けの給付型奨学金をスタートさせた。奨学金を運営する財団の理事長であり、
パルシステム神奈川ゆめコープ理事長の吉中由紀さん、そして財団理事で
子ども・若者支援に長年かかわる明石紀久男さんにお話を伺った。
 
※1:年間の世帯の可処分所得が122万円以下での生活を余儀なくされている状態。
続きはこちらから
記事の最後には「第2期(2019年度)神奈川ゆめ奨学生」の応募についても掲載されています。
ぜひ最後までお読みください。

◎インタビューは、遊悠楽舎で長年に渡り居場所として利用している、逗子市蘆花記念公園で行われました。

≫ 続きを読む

お知らせ   2019/03/11  

【講師】11月・12月『つぼみ学習会:ひきこもり支援の“あったらいいな”を語り合いましょうPART2』

今年度も、「つぼみの会(ひきこもる家族を持つ親・きょうだいの会)」主催の『つぼみ学習会(全2回)』に
講師として明石紀久男と遊悠楽舎スタッフ(ひきこもっていた経験者)が参加させていただくことになりました。

詳細は下記となります。ご都合のつく回のみの参加もできます。
10月10日より先着順で受け付けとのことです。
お申込み、お問い合せは、下記の「つぼみの会事務局」までお願いします。
************************************

ひきこもり支援の“あったらいいな”を語り合いましょうPART?

昨年度同じテーマで開催した学習会において見えてきた、「あったらいいなと思う支援」について
参加者の声をまとめた資料を作成しました。
今年度も同じテーマで講師の話を聞くとともに、昨年度まとめた資料も活用しながら、
皆さんと「あったらいいな」を語り合いましょう。

日時 第1回 11月7日(水)13:30〜16:00
   第2回 12月5日(水)13:30〜16:00

講師 明石紀久男氏(NPO法人遊悠楽舎代表/一般社団法人インクルージョンネットかながわ代表理事)
   田代美花氏 (NPO法人遊悠楽舎)
場所   藤沢市保健所(藤沢市鵠沼2131−1) 最寄駅・藤沢駅
定員   第1回 5階会議室 20人  第2回 3階研修室 30人 
*つぼみの会会員 及び 県内のひきこもる家族を持つ親・きょうだいの方
*各回先着順、どちらか1回の参加も可
参加費  各回 1人 200円
 
申し込み・問い合わせ  つぼみの会事務局(10月10日より先着順で受け付けます)
e-mail    tubominokai2014@gmail.com
 
主催 つぼみの会(ひきこもる家族を持つ親・きょうだいの会) 〜藤沢市で活動している家族会〜
共催 神奈川県立青少年センター「平成30年度ひきこもり地域理解促進事業」
つぼみの会2018年度...
つぼみの会2018年度...

≫ 続きを読む

お知らせ   2018/10/10