お知らせ

【研修】2019年2月28日(木)「8050問題を考える」〜高齢化するひきこもりについて〜

2019年2月28日(木)に鶴見区福祉保健センターの対人援助職スキルアップ研修で
明石が講師をつとめ務めます。(参加対象は、支援機関職員のみとなっています)

*申込などお問い合わせは下記の詳細内にある、鶴見区高齢・障害支援課までお願いします。

******************************************
「8050問題」を考える
〜高齢化するひきこもりケースの対応について〜

ひきこもりをかかえる抱える家族のために、支援者は何ができるのか?
ひこもりが長期高齢化し、親80歳で子50歳の家庭が今まさに福祉現場にあらわれています。
親子共倒れにならなならないために、ひきこもり当事者の思いからこの問題を考えます。

日時:2月28日(木)14:00〜16:30
場所:鶴見区社会福祉協議会 多目的室AB
対象:区役所、地域ケアプラザ、ユースプラザ、その他支援機関 職員
講師:明石紀久男氏(NPO法人遊悠楽舎代表理事、一般社団法人インクルージョンネットかながわ代表理事)
   ひきこもり経験者の方 2名
内容:1.講演 ひきこもり支援について〜経験をふまえた思い〜
   2.事例を通じたグループワーク

申込:申込書(所属・氏名を記入)をFAXまたはメールでご提出ください。
申込締切:2月20日(水)まで
申込先:
鶴見区高齢・障害支援課 障害支援担当 上杉
FAX:045−510−1897
E−Mail:yu01-uesugi◇city.yokohama.jp(◇を@に変えてください)





研修   2019/02/02   スタッフ