お知らせ

【インタビュー記事掲載】日経xwoman(クロスウーマン)『不登校やひきこもり 親が「親をおりる」必要がある理由』

WEBメディア日経xwoman(クロスウーマン)で連載の『ひきこもり 社会と親ができること』で、
当法人代表理事の明石のインタビュー記事が掲載されました。

parentimage...

『不登校やひきこもり 親が「親をおりる」必要がある理由』2021.06.09
取材・文/有馬知子  イメージ写真/PIXTA

当事者や家族のサポートを20年以上、続けているNPO法人代表に聞く。
「親という役割を手放し、人として向き合うこと」はなぜ必要?

支援者や専門家らに話を聞き、社会と親がひきこもりの人たちとどう向き合うかを考えるこの連載。
今回は、不登校やひきこもり当事者・家族のサポートを20年以上続けている
NPO法人「遊悠楽舎」代表の明石紀久男さんに、支援現場の実情や課題について、
そして不登校・ひきこもりの子どもと心を通じさせるにはどうすればいいかをたずねました。

■自分で選ぶ力を奪わないで 親をおりることが大事
■ひきこもりの原因探しには意味がない ありのままを認める
■親も社会も、弱さを認めさらけ出す
(掲載記事より)

*掲載記事を読むためには、無料登録が必要となります。
*連載記事・内容に関するお問い合わせは、日経xwomanまでお願いします。


お知らせ   2021/06/10   スタッフ