スタッフブログ

遊悠楽舎の風景

たまには寄り道

201607_1709...

遊悠楽舎を閉めて
まっすぐには帰らず
海岸に出て夏の砂浜を散歩
昼間の賑わいも落ち着いて
夕暮れまで もう少し

≫ 続きを読む

遊悠楽舎の風景   2016/07/28  

ひと休み

201607_1423...
蝉の声も馴染み始めた樹々に囲まれて

22日は二十四節気でいう「大暑(たいしょ)」
いよいよ本格的な夏がやって来る〜?!
しかし関東は梅雨明けはまだの様子・・・?

ふと、梅雨の季節の花 紫陽花を見やると
201606_1337...201607_1426...
6月には青かった花(右)が、7月の今(左)では・・・葉の色と混ざり合うような緑色!

「七変化」とも言われるだけあってこんなにも色がうつろうのですね。
季節は刻々と進んでいるようです。

そして・・・、こんなところにいるのは?え?カブトムシ?
201607_1418...
んんん?いる?けど動いてな〜い
201607_1418...
あらら・・・くったりしてお休み中かな?(基本は夜行性ですもんね)

遊悠楽舎は、もうすぐ(関東の梅雨明けと同時かな?)
夏休み ひと休み です

*8月の第一週目から第三週目までまで「居場所」は夏休みになります。

≫ 続きを読む

遊悠楽舎の風景   2016/07/22  

みずのつき

201606_1335...

6月の呼称『水無月(みなづき)』
梅雨入り雨の多い時期に、水無し?とおもってました。
あらためて調べたら・・・

『水無月』の「無」は連体助詞で「の」にあたるので、
みずのつき と読む と・・・。
(国語の時間みたい)

また、6月は雷が多いことから「鳴神月」ともいうそうです。

数字で表すよりも季節を感じ表されていてしっくり。

201606_1334...
大きな萼に守られて 真ん中にちいさなちいさな 花


≫ 続きを読む

遊悠楽舎の風景   2016/06/10  

あおとあお

201605_1259...
雲ひとつない空のあお 新緑のあお

GWでお休みの間に立夏を迎えて
暦の上では初夏 夏の始まり

201605_1300...
この道をあがると第二休憩所
木曜日の遊悠楽舎

少し汗ばみながら、日陰に涼しい風を感じながら

梅雨の季節までの爽やかなひととき

≫ 続きを読む

遊悠楽舎の風景   2016/05/13  

しっとりと

雨の日は 出かけるのがおっくうなのです
それがたとえ居場所に向かう道だとしても・・・

でも 曇り空、雨模様だからこその
色も匂いもあるんですよね・・・

1604_1136.jpg KC3X0017.jpg
すっかり葉桜の川沿いの桜も雨粒を纏って
公園内の休憩所までの石畳の苔はうるうるとあお

そして
1604_1157.jpg
眩しい新緑も今日はしっとりと
深呼吸

≫ 続きを読む

遊悠楽舎の風景   2016/04/14