スタッフブログ

寒中お見舞い

寒中お見舞い申し上げます。
うっかり1月も末、もうすぐ節分…立春ですね。
暦では春の始まりを告げるというのに、会報は「冬号」準備中です。
(いつものことですね。)

新型コロナウィルスの感染拡大はとどまらず、
不要不急とはなんだろう、自由とはなんだろうと思う日々。

講演講師の予定も昨年同様に中止・延期などなど。
昨年と違うのは、オンラインに挑戦!というところでしょうか。
(一般向けではありませんが、2月、3月にオンラインでの研修会・講演を予定しています。)
アナログな遊悠楽舎もちょっとした挑戦の春です。

それから、一番の(!?)ニュースとしては、
当法人代表の明石紀久男の本が出版されます!
実は、初の著書となります。

2012年12月に遊悠楽舎で発行された、知る人ぞ知る(?)冊子があります。
『「いのち」からのことづけ ヒゲさんからのメッセージ』(遊悠楽舎親の会編)(*1)
これは、親の会の皆さんが「ことば」を丁寧に拾い集めてまとめてくださった語録集です。

今回は書下ろしです!
彩流社という出版社から出ます!
このHPでも告知・ご報告を随時更新していきます。

実は実は、既にネットから予約などできるようですが、
私は書店に並ぶところを見たい、
そして手に取ってみたいと思っております。
さて、これも不要不急の外出にあたるんだろうか?
いやいや、うーん。

illustrain0...
*『「いのち」からのことづけ ヒゲさんからのメッセージ』(遊悠楽舎親の会編)について、
詳細を知りたい、読みたい、欲しいという方は、お問い合わせフォームからお願いします。

スタッフのつれづれ   2021/01/29   スタッフ