会報バックナンバー

2017年

(2017年11月発行)会報『季節の風(ときのかぜ)』/005/秋号

2017年11月発行/005秋号
◇明石から ◇できごと ◇これから(講師、講演会予定など) ◇スタッフのつぶやき ほか
通信005・秋-001...
通信005・秋-002...
(内容は、2017年11月時点のものです。)
始まりの終わり、そして、終わりの始まり。
 
遅れて「秋」号です。
台風21号、22号。
そして総選挙まで、バッタバタの日々が二週続きの台風と一緒にぶっ飛んで行ったようです。
しかし、しっかしです。本質的な問題は何一つぶっ飛んでおらず、益々「大変な事態」はすすんでいます。
そんな時だというのに、
いや、そんな時だからなのでしょうか、
17年続けて来た遊悠楽舎の居場所を一旦閉じることにしました。
通ってくる子(人)が、居なくなったのです。誰も来ない日が続いています。
「居場所」とは何なのでしょうかね。
提供していたつもりの「居場所」は、いつの間にか、「わたし」にとっての居場所になっていたように思います。

「居場所」が用意され、提供されることがとても大切だ、と考えられた時期がありました。
現在(いま)もまだ、あちこちで語られていますがね・・・。
その地域の人たちには確かに必要なのかもしれないと思います。
しかしいま、わたしは大船で「ぷらっと」という居場所の提供にかかわっているのですが、
「居場所」は用意され、提供されるものではなく、
参加する人たちによって創られていく「場」なのだと思うようになりました。

確かに頭初は用意され、提供されるのですが、「場」として一人歩きを始める。
そこに参加するスタッフも含めた全ての面子(めんつ)で創り出していくものになっていく。
つまり「居場所」は、頭初用意され提供されるのですが、そこから先は、
その場への全ての参加者によって勝手に創られていく「場」になる。
 
これは、居場所に限らず職場とかあらゆる「場」は、そこに参加する人たち全てが主役なのです。
「場」づくりは、意図して、目ざせるものではなく、
参加者によって「自由」に創り出されて行くものなのではないでしょうか。
各々の気持ち、想いがどう寄せ合わせられるのか。
「居場所」が無い、と言う場合、創り出せる場を持てない。
つまりそうした場づくりのできる「関係の中に居ない」ということなのでしょう。
 
動いていく「場」に参加する。
何だか違う、違和感のある方向だとしたら「わたし」は降りる、としてしまう。
「わたし」が存在できる、居心地よく、居られる「場」をめざして「他者」と調整していく。
その「関係に生きる力」がひどく弱まってやしないか。

それよりも更に、
「関係にいきようとするいのち」の働きにしっかり配慮して、「場づくり」を受け入れ応援できる力が、
「わたし」たち、用意し、提供しようとする側にあるのか。
つまり「おとな」と言われる側に、その力が育っているのか、
そのことが問われているように思えます。
 
蘆花公園の「居場所」は閉じられたとしても「場」はありとあらゆる「空間」と「時間」の中に存在しています。
 
「関係を生きようとするいのち」以外のいのちは存在しません。何故なら、
ヒトは「関係の中に生きる」存在だからです。
 
他者との関係を生きること、自分=「私」との関係を生きること、
そうした、“こと(行為)”が意識されにくくなっている。
見えにくくないですか。
 
「場」が参加者全員によって創られていく、つまり、家庭(家族)も同じなのです。
この場、この時を生き合ういのちが、「みんなの生きる」を創っているのだと思います。
 
2017.11
明石 紀久男
17-005-02.png

≫ 続きを読む

2017年   2020/01/22  

(2017年7月発行)会報『季節の風(ときのかぜ)』/004/夏号

2017年7月発行/004夏号
◇明石から ◇できごと ◇これから(講師、講演会予定など) ◇スタッフのつぶやき ほか
通信004・夏-001...
通信004・夏-002...
(内容は、2017年7月時点のものです。)

暑い日が続きますがお元気にお過ごしでしょうか?
 
スコールのような一時的・局所的な大雨や雹が全く時期はずれに降り注ぎ、
最高気温もあちこちで異常な状況を呈していますね。
 
福島の震災・津波による原子力発電所の事故からだけでも、被災され、亡くなられた方々、
そして現在(いま)も避難生活を強いられている方々の何と多いことか。
生命と生活の安全を考える政治が健全に機能しているとはとても思えません。
 
安保法制、共謀罪法とゴリ押しの力技がまかり通り、
政治そのものへの信頼失墜に向かって真っしぐらに急降下しているようです。
 
不安を煽ることで成り立って来た拡大消費を「成長」と呼んで
経済(=お金)優先で突っ走ってきた「近代」という時代の終焉を強く感じます。

流れに身を置きなかなか新しい本質に迫る価値に転換できないでいる「わたし」たち。
 
身近な問題でも「はたらく=稼ぐ」、
つまりお金になる(する)ことがはたらくことの意味(価値)にされてしまっているところがあります。
 
いま迄通りであること、つまり「ふつう」であることを求められ新しい価値に転換することが認められず
悩み苦しむ次の時代の担い手たち。
 
個性・個人尊重を言いながら、全く変わることのできない「学校教育の集団・全体主義」。
非正規、アルバイト、パート労働による人件費抑制による利益獲得に走る企業。
そうした中での正社員への負荷の増大が過労死までもうんでいる。
 
次の時代を死なせてしまっているんです。怖い!ですよね、就労!!
 
うつ病等精神を病む人々も確実に増加していて、はたらく環境は良い方向を向いているとは言い難い現状です。

はたらけない人たちの増加をしかっり見つめて、はたらくことの本質に迫らなければなりません。
 
はたらく、とは「はたらきかける」こと。
そして「はたらきかけられる」こと。
つまり「関係する」「関係しあう」ことです。
 
生きること、生きていること、生きあっていること、そのことですよね。
 
一方通行でない関係の在り方。
手をつないだとき、握手しているとき、お互いの手はつなぎあっている。
 
抱きしめたとき、抱きしめられている。
 
わたし達はつねに、対等・相互にかかわりあっていることで生きあっていることを、もう一度、確認したいですね。
 
2017・7 明石 紀久男
17-004-01.jpg17-004-002.jpg17-004-03.jpg

≫ 続きを読む

2017年   2019/12/18  

(2017年4月発行)会報『季節の風(ときのかぜ)』/003/春号

2017年4月発行/003春号
◇明石から ◇これから(講師、講演会予定など) ◇スタッフのつぶやき ほか
通信003・春-01.jpg
通信003・春-02.jpg
(内容は2017年4月時点でのものです。)

「関係障がい」ですか!?
 
お昼すこし前の時間、
突然電話がかかって来た。
高齢な男性が、やつぎ早に話しつづけます。
 
「ひきこもっている人に対する支援がしたい。ついては一度会って話が聞きたい。
いつ、どこへ行けばいいか。電話で話しても長くなるので、とにかく会って話したい。」と。
 
こちらへの「いま、大丈夫ですか?」とか、
「突然なんですが、少しお尋ねしたいことがあるのですが、」とか、何もありません。
「ひきこもっている人への支援について学びたい、ということですか?」と尋ねると、
「いやいや学ぶのではなく、支援がしたいのです」と話される。
 
この方の電話は色々な問題を含んでいます。
実は、この方に代表される姿は、よく見られることです。
他者とのかかわりをつくる時「わたし」はどう接していくのか。
相手の事情よりも「わたし」はどうしたいのか「わたし」の立場をまず語る姿です。

就労支援をしている団体の面接に、遊悠のメンバーを連れて伺った時。
彼らは、まず自分達のやっていることを説明することから始めました。
これは、多くの行政窓口などでも同じことが行われているように思います。
 
しかし、
しかしです。
 
まず、訪問者を迎えた時
「よく来てくれました。今日の私たちへのご用向きはどんなことでしょうか。」と
聴くところから入らなければならない、と思いませんか?
商店の対応と、支援サービスの窓口の対応は逆になっているようです。
「してやる」と考えている側からの関係づくりは、相手の想いや気持ち、
必要を聴くよりも前に、ここでできることは、というバリアをまず語る、
という関係の入り口づくりをしているようです。
勿論本人たちはバリアづくりとは思っておらず、丁寧に説明している、
と思っていると思います。
 
つまり
つまりです。
 
関係づくりの「交点」が、ずれて来ていて、逆転した関係づくりが、
当たり前のことになって来てしまっているのではないでしょうか。

親(おとな)が子どもとかかわるときって、どうでしょうか。
親(おとな)の事情を説明するところから入ってしまい、
子どもが、何を語りたいのか、伝えたいのか、その想い、
気持ちを聴くところからかかわりを始めているでしょうか。
 
最近「関係障がい」とまで言われだしている私たちの関係づくりが、
実はとても余裕を失い、寛容度の低い、貧しいものになっていることに、
まずは気づいていく必要がありそうです。
 
2017・4 明石 紀久男
17-003-01.png17-003-02.png17-003-03.jpg

≫ 続きを読む

2017年   2019/12/18