会報バックナンバー

(2021年7月発行)会報『季節の風(ときのかぜ)』/020/夏号

2020年7月発行/020/夏号
◇明石から ◇できごと ◇これから(講師、講演会予定など) ◇スタッフのつぶやき ほか
『親をおりる』(彩流社刊)を読んで、感銘をうけたという都内に住む男性からメールを貰った。
 全く見ず知らずの方で、中学生と小学生のお子さんの子育てに日々悩んでいる、ついては『「いのち」からのことづけ』も読みたいのですが、どうすれば購入できますか、という問い合わせだった。
 すぐに振込用紙を入れて冊子を送った。振込は数日後にあったが、しばらく連絡はなかった。感想でもメールしてくれるといいな、と思っていたところ…。
 なんと、ナント!厚生労働省の職員の方で、尚且つ「月刊厚生労働」を発行している広報室長だと名乗られ、七月号に掲載するために、六月四日に厚労省職員向けの講演をして欲しい!と。
 いや〜!!びっくり!
「社会のリアル」に学ぶ勉強会の講師。
しかしこれこそが、楽しみにしていた「出会い」である。当日、厚労省の若手の職員の方々と直接話し合える機会を得て、嬉しく、楽しく、いい時間を共有することができ感激した。
 
自己保身しかない無策無能の為政者とはひと味もふた味も違った「官僚」「国家公務員」として、現場の生き苦しさを何とか手さぐりして知ろう、各々の「わたし」の状況に重ねながら、理解を深めようと努力する姿に出会うことができた。
生命や安全な暮らしより、支持率確保と選挙に勝つ、そのための経済活動としての五輪。何という変わらない政治の貧困!
きちんと言葉で語り、説明し理解を求める。
それが対話を基調とした民主国家の原点であるはずだが、語ろうとせず、説明せず、理解を求める努力をしようともしない。
2019年時点で民主主義の国・地域は87に減り、非民主主義国・地域は92に増えた。民主国家の数が非民主国家を下回るのは18年ぶりだそうだ。(スウェーデンの調査機関V-Demによる)
 
聞かず答えず、自ら発することなど全くと言っていい程しない。これが「民主」なのか。主権者は誰なのか。誰のための何のための国家なのか。
 
政治も社会も、私たちの小さな共同(日々のかかわり・関係のありよう)に依って成り立っている。
それが、こんなにも薄っぺらくて「ぺらっぺら」だった実態がコロナ下で明らかになった。緊急事態宣言や、まん延防止措置を発令して「人流」を減らす、抑え込む、と言いながら、世界から「人流」を呼び込み、国内でも「さざ波」以上の波を立てることは明らかな状況をつくり出す。
我慢して来た人たちは、既に動き出している。「動いていいのだ」と喧伝されているのにふさわしい展開である。
 余りにも人々の「気持ち・想い」からかけ離れている!
 
私たちが大切にしたいものは何か。
生命であり、小さくても豊かな、他者(全てのもの・こと)とのかかわりである。
 
 手間と時間がかかったとしても悩み・迷い・戸惑いながら丁寧に向き合い、互いを尊重し、大切にし合える「生きあえる」出会いの日々に向かって生きたいという願いと行動は変わらない。変えてたまるか!
 可能性があるか、ないのかは問わない。やりつづけて行くのだ。
 
2021年7月
明石紀久男
 

2021年   2022/02/23   スタッフ