会報バックナンバー

(2020年11月発行)会報『季節の風(ときのかぜ)』/017/秋号

2020年11月発行/017/秋号
◇明石から ◇できごと ◇これから(講師、講演会予定など) ◇スタッフのつぶやき ほか
通信017(秋)-01...
通信017(秋)-02...
「自助」というお化けが大暴れしている。
 
コロナ禍の中「マスク、手洗い、うがい、三密回避」の自助努力は、わかる。
しかし、「自粛警察」という自警団意識。
スピーチロック(*)と言われる、物言わせず、各々の価値観、生き方を認めない「自助」の強要。
 
 「自助・自己責任」として、個人の責任に閉じ込める。
これはコロナウィルスの感染によって始まったことではない。
川には表層・中層・底層の流れがある。
ろうろうと流れる川の中層に、流れの早い表層を支え、育てるものとして
130年程前に初めて「日本」という国家がつくられた(それ迄のお国は藩だった)時からの流れなのだ。
 
国内の藩による戦から海外(外敵)との戦いに向けて「国民国家」がつくられた。
「お上に奉仕する」「富国強兵」政策である。
そのことに欠かせないのが「国民としての自覚」であり、「滅私奉公」し、お国の世話になってはならない。
お国の迷惑になるな、という洗脳である。
 
それが流れの中層にあって、ひどく損得でものを考えるように仕立て、
コントロール(支配)できることこそが最も大切だ、という近代化と言われる表層の流れの根本・合理化という
薄っぺらく深みのないものに、どんどんと川幅を広げ大きな流れの主流を犯されて来てしまった。

わたし達の「生きる」の根底にあった底深い流れはやせ細ってしまった。
 
しかし失われてしまった訳ではない。脈々と堂々と深底を流れている。
それは「かかわり、共同の中にあるいのち」であり、頼り合い、助け合い、生き合おうとする流れである。
 
 コロナ禍で人と会える機会が大きく減っている。
それは、今迄のかかわりの中身を検証することが求められているのだ。
不要不急の外出をひかえる、と繰り返し言われる。その通りだ。
だから断じて必要であり、急がないが決して失ってはならない、
譲れない「他者との直接接触」は、手離してはならないのだ。
 
 やせ細った「かかわり・共同」を今こそ、もう一度見直し、
今ある貧相な窮屈な関係から解放され、仲間として、生き合う友人としてのかかわりを取り返すときなのだ。
 
脈々と流れる底流のわたし達の伝統は、無尽(むじん)や結(ゆい)や、
互いに助け合い、この厳しい環境の中で、力を合わせて生き抜くことにあったのだ。
 
 そう思い起こせる世代は、まもなく絶滅の危機に瀕する。
 
このコロナ禍だからこそ、かかわらないのではなく、
置き去りにして忘れて来た「融け合うかかわり」をいまこそ取り戻していくチャンスが到来している。
 
 他人事ではない。「わたし」ごととして「わたし」が感じ考えて行動していくことだ。
 
 
2020.11 明石紀久男
 
 
(*)スピーチロックとは、
言葉で相手の行動を制限したり、拘束したりすること。
特に医療や介護の現場で、患者や高齢者の行動を言葉で制限・拘束すること。(デジタル大辞泉より)
 

2020年   2022/02/23   スタッフ