「ひきこもり問題」が「80・50(70・40)問題」として語られています。


家族で抱え込んで考え、いつの間にか「家族がひきこもる」ことになってしまっている。


お互いが気を遣い合って疲れ、関係が悪くなったり、いびつになったり。


みんなが何だか生き苦しい。


社会という共同からの「撤退」


経済はより善く生きるために人間が創り出したしくみ(制度)です。


しかし現在その経済のために多くの「いのち」が奪われているのです。


逆転している共同(社会)の中に生きることを強いられている。


この逆転から「撤退」することになんの不思議があるでしょうか。


生存しているが“生きる”ことのできていない「わたし」


ひきこもることで何とか「わたし」を保っている。


求めに会わせ(予定調和)、指示に従うことを強要される(同調圧力)。


「わたし」が「わたし」を選択することが許されない。


遅かったり、丁寧だったり、「わたし」のペース、リズムが認められない。


求められることに応えられないものは不要。


「わたし」という在り様が全面否定されたように追い詰められる。



コミュニケーションの練習をすると考えて「相談する」


まずは「家族だけ」を止め、応援者(第三者)を仲間に入れる。


すると色々整理することができてくる。


話し合って、一緒に考えましょう!



特定非営利活動法人 遊悠楽舎 代表理事 明石紀久男